*

JDK8(Java8)のインストール方法[Windows]

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 Java


スポンサードリンク



本エントリーは、Windows7 64bitにJDK8(Java8)をインストールする説明を記載させていただきます。
と言っても、Java7以前と全く同じインストール方法ですが・・・

Macでのインストール方法については以下のエントリーをご覧ください。
Mac(OS X)におけるJava8(jdk8)等のインストール、アップデート、アンインストール方法

本エントリーの内容は以下の通りです。

  1. JDK8のダウンロード
  2. JDK8のインストール
  3. インストール後の設定変更

 

1 JDK8のダウンロード

Java SE Development Kit 8 Downloadsにブラウザでアクセスします。

表示された画面を少し下方向にスクロールし、以下の画面の「Java SE Development Kit 8 Downloads」の左にあるラジオボタンをクリック後に、「Windows x64」の右側のリンクをクリックします。するとダウンロードが開始されます。

32bit版のWindowsをご利用の場合は「Windows x86」の右側のリンクをクリックしてください。

キャプチャ1

ダウンロードしたファイルは、2014年6月1日現在では、jdk-8u5-windows-x64.exeとなっています。

2 JDK8のインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールが開始しされます。

まず、以下の画面が表示されますので、「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ2

次に、インストールする機能とインストール先の指定画面が表示されますので「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ3

処理の進行状況が確認できる画面が表示されます。
キャプチャ4

上記の画面の処理が終わった後、JRE(Java Runtime enviroment)のインストール先の選択画面が表示されますので、「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ5

JREのインストール処理進捗画面が表示されます。
キャプチャ6

インストールが完了すると以下の画面が表示されますので、「閉じる」ボタンをクリックします。
キャプチャ7

3 インストール後の設定変更

インストールしたJDK8をWindowsが認識できるように、環境設定を変更します。

環境変数Pathの変更

環境変数の設定画面を表示して、以下の赤枠(Path)を選択し、「編集」ボタンをクリックします。
キャプチャ8

Pathの変更画面が表示されますので、既存の値の最後に;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_05\binを追加し、「OK」ボタンをクリックします。
キャプチャ9

環境変数JAVA_HOMEの変更

環境変数の設定画面を表示して、以下の赤枠(Path)を選択し、「編集」ボタンをクリックします。
キャプチャ10

JAVA_HOMEが存在していない場合は、「新規」ボタンをクリックしてください。
キャプチャ10-2

表示された画面で、以下のように値を設定し、「OK」ボタンをクリックしてください。
変数名:JAVA_HOME
変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_05
キャプチャ11

環境変数の設定変更確認

Pathの確認

PathにJDK8のインストールパスのbinフォルダを追加しましたので
java -versionで正しく設定されているか確認してみます。

コマンドプロンプトからjava -versionを実行した結果は以下のようになりました。
ちゃんとJava8のjava.exeが実行されていますね。
キャプチャ12

JAVA_HOMEの確認

JAVA_HOMEも同様に確認してみます。

結果は以下のようになりました。
うまく設定できています。
キャプチャ13


スポンサードリンク



関連記事

JDK8(java 8)の新機能のラムダ式の利用方法[その1:概要]

「JDT betaを利用してJDK8対応のEclipse開発環境を作成する」では、「Eclipse」

記事を読む

Eclipseの使い方(Windows環境のEclipse4.3、Eclipse4.4)

Eclipse4.4.0よりJDK8を正式サポートするそうです。 Eclipseトップレベルプ

記事を読む

JUnit入門その4[Eclipse4.4のJUnitプラグインとDBUnitの併用(環境構築と基本)]

JUnit入門その1 JUnit入門その2[Eclipse4.4のJUnitプラグインのasse

記事を読む

Selenium入門その4[Selenium WebDriver(Java/Junit4)の基本コマンド]

前回はEclipse環境でSelenium WebDriverでJava/Junit4を利用したテス

記事を読む

JDT betaを利用してJDK8(java 8)対応のEclipse開発環境を作成する[Mac編]

「Java 8の新機能について」では、どんな新機能があるか紹介させていただきました。 今後、少

記事を読む

Eclipseの「DBViewer」プラグインを利用して「Java DB」の環境を作成し、SQLを発行してみる

EclipseのJUnitプラグインとDBUnitを併用したDB(データベース)のアクセス処理のユニ

記事を読む

Selenium入門その5[ページオブジェクトパターン(Page Object Design Pattern)を利用して変更に強いテストを作成する方法]

Selenium入門その2 では「UIマップファイル」と言う仕組みが存在していることに言及させてい

記事を読む

java8(JDK8)の新機能[大幅に強化されたコレクションAPI:java.util.List] をeclipseとJUnitで確認する。

Java8(JDK8)では、ラムダ式の導入を前提とした、コレクションAPIの新機能が追加されました。

記事を読む

利用すると生産性が格段に向上する厳選Eclipseショートカット集

今回のエントリーは、利用すると生産性が格段に向上するEclipseのショートカット集となります。

記事を読む

Java8の新機能について

オラクルは2014年3月18日(日本時間3月19日早朝)に「Java 8」を正式に公開しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にS

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の

Java8のラムダ式とStream APIを利用してコーディング量の削減サンプル集

Java8になりラムダ式と「Stream API」が利用できるようにな

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑