*

Eclipse4.4(Java)におけるビルド・パス関係の設定方法[ビルド・クラスパスの順序およびエクスポート設定]

公開日: : 最終更新日:2015/05/01 Eclipse, Java


スポンサードリンク



Eclipse4.4(Java)におけるビルド関係のビルド・パス上の「ビルド・クラスパスの順序およびエクスポート設定」の利用方法を説明するエントリーとなります。

以降では、dummyProject1、dummyProject2、dummyProject3の各Javaプロジェクトが含まるワークスペースを選択してEclipseを起動している状態を前提としております。
また、dummyProject1の参照ライブラリとしてcommons-collections4-4.0.jar、commons-csv-1.0.jarが追加されているとの状態となっております。

Javaのビルド・パス関係の設定[ビルド・クラスパスの順序およびエクスポート設定]

設定画面の表示方法

設定画面はパッケージ・エクスプローラーでプロジェクトを選択し、マウスの右クリックメニューの「プロパティー」をクリックするか
スクリーンショット 2014-11-11 17.18.17

Eclipseのメニューの[プロジェクト]>[プロパティー]をクリックし
スクリーンショット 2014-11-11 17.19.25

表示されたプロジェクトのプロパティー画面の「Javaのビルド・パス」メニューをクリックし
スクリーンショット 2014-11-11 17.26.15

表示された画面の「順序およびエクスポート」タブをクリックすることで表示されます。

ビルド・クラスパスの順序およびエクスポート設定

クラスパス内での順序の制御とライブラリ(jarファイル)のビルド時のエクスポート指定を行う機能です。
スクリーンショット 2014-11-13 18.45.19

エクスポート設定

ビルド時のエクスポート指定を行うには一覧の左側のチェックボックスをチェックします。
ソースフォルダは無条件にエクスポートされる設定となります。

commons-csv-1.0.jarをエクスポートするように変更してみます。
スクリーンショット 2014-11-13 21.30.03

commons-csv-1.0.jarがエクスポートされた効果を確認するために、まずはdummyProject2プロジェクトからdummyProject1プロジェクトをプロジェクト参照します。
スクリーンショット 2014-11-13 21.35.42

この状態でdummyProject2プロジェクトにCommonCSVSampleクラスを作成し、内容を以下のように変更します。

import org.apache.commons.csv.CSVParser;

public class CommonCSVSample {
private CSVParser parser;
}

CommonCSVSampleではorg.apache.commons.csv.CSVParserクラスをインポートしています。しかしdummyProject2プロジェクトの参照ライブラリーにはcommons-csv-1.0.jarは追加されていません。
スクリーンショット 2014-11-13 21.43.09

この現象から、dummyProject1プロジェクトでcommons-csv-1.0.jarがエクスポートされ、このエクスポートされたjarファイ ルを利用してCommonCSVSample.javaでorg.apache.commons.csv.CSVParserが利用できていることが確認 できます。

念のため再度commons-csv-1.0.jarがエクスポートされないように変更してみました。
スクリーンショット 2014-11-13 21.48.44

やはりCommonCSVSample.javaでorg.apache.commons.csv.CSVParserが解決できなくなりました。

クラスパス内での順序の制御

順序を変更したいソースフォルダやライブラリを選択後に「上へ」「下へ」ボタンをクリックして順序を変更します。
上にある物が優先されます。
スクリーンショット 2014-11-13 21.53.35

「上部」ボタンは選択している項目を一覧の先頭に移動します。
「下部」ボタンも同様で、選択している項目を一覧の末端に移動します。


スポンサードリンク



関連記事

Selenium入門その3[Selenium WebDriver(Java/Junit4)の使い方]

WebDriverでは、予め中継サーバを起動しなくても、テスト実行時にブラウザ拡張機能や、OSのネイ

記事を読む

JDK8(java 8)の新機能のラムダ式の利用方法[その1:概要]

「JDT betaを利用してJDK8対応のEclipse開発環境を作成する」では、「Eclipse」

記事を読む

Eclipse(4.3,4.4)の使い方[パースペクティブのツールバーのカスタマイズ(「コマンド・グループ可用性」と「ショートカット」タブ)]

「パースペクティブのカスタマイズ」画面には、以下の4つのタブが存在しております。 ツール・バ

記事を読む

「HyperSQL」の環境を作成し、Eclipseの「DBViewer」プラグインを利用してSQLを発行してみる

Eclipseの「DBViewer」プラグインを利用して「Java DB」の環境を作成し、SQLを発

記事を読む

JUnit入門その8[Eclipse4.4のJUnitプラグインのテストケースのカバレッジをEclEmmaを利用して測定してみる]

今回は「EclEmma」を使って、テストのカバレッジの測定を行うエントリーとなります。 「djUn

記事を読む

java8(JDK8)の新機能[大幅に強化されたコレクションAPI:java.util.List] をeclipseとJUnitで確認する。

Java8(JDK8)では、ラムダ式の導入を前提とした、コレクションAPIの新機能が追加されました。

記事を読む

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりもう半年以上が経過しました。

記事を読む

Eclipseの「DBViewer」プラグインの使い方[前編]

「HyperSQL」の環境を作成し、Eclipseの「DBViewer」プラグインを利用してSQLを

記事を読む

Eclipse(4.3)の使い方[パースペクティブのツールバーのカスタマイズ(「ツール・バー可視性」と「メニュー可視性」タブ)]

前回エントリー「Eclipse(4.3)の使い方[各画面エリアの名称とパースペクティブのカスタマイズ

記事を読む

JUnit入門その9[@RunWithアノテーションを利用したテストの作成]

今回は@RunWithアノテーションを利用したテストの作成方法を説明させていただきます。 JU

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にS

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の

Java8のラムダ式とStream APIを利用してコーディング量の削減サンプル集

Java8になりラムダ式と「Stream API」が利用できるようにな

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑