*

JDK8(Java8)のインストール方法[Windows]

公開日: : 最終更新日:2015/05/02 Java


スポンサードリンク



本エントリーは、Windows7 64bitにJDK8(Java8)をインストールする説明を記載させていただきます。
と言っても、Java7以前と全く同じインストール方法ですが・・・

Macでのインストール方法については以下のエントリーをご覧ください。
Mac(OS X)におけるJava8(jdk8)等のインストール、アップデート、アンインストール方法

本エントリーの内容は以下の通りです。

  1. JDK8のダウンロード
  2. JDK8のインストール
  3. インストール後の設定変更

 

1 JDK8のダウンロード

Java SE Development Kit 8 Downloadsにブラウザでアクセスします。

表示された画面を少し下方向にスクロールし、以下の画面の「Java SE Development Kit 8 Downloads」の左にあるラジオボタンをクリック後に、「Windows x64」の右側のリンクをクリックします。するとダウンロードが開始されます。

32bit版のWindowsをご利用の場合は「Windows x86」の右側のリンクをクリックしてください。

キャプチャ1

ダウンロードしたファイルは、2014年6月1日現在では、jdk-8u5-windows-x64.exeとなっています。

2 JDK8のインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールが開始しされます。

まず、以下の画面が表示されますので、「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ2

次に、インストールする機能とインストール先の指定画面が表示されますので「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ3

処理の進行状況が確認できる画面が表示されます。
キャプチャ4

上記の画面の処理が終わった後、JRE(Java Runtime enviroment)のインストール先の選択画面が表示されますので、「次」ボタンをクリックします。
キャプチャ5

JREのインストール処理進捗画面が表示されます。
キャプチャ6

インストールが完了すると以下の画面が表示されますので、「閉じる」ボタンをクリックします。
キャプチャ7

3 インストール後の設定変更

インストールしたJDK8をWindowsが認識できるように、環境設定を変更します。

環境変数Pathの変更

環境変数の設定画面を表示して、以下の赤枠(Path)を選択し、「編集」ボタンをクリックします。
キャプチャ8

Pathの変更画面が表示されますので、既存の値の最後に;C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_05\binを追加し、「OK」ボタンをクリックします。
キャプチャ9

環境変数JAVA_HOMEの変更

環境変数の設定画面を表示して、以下の赤枠(Path)を選択し、「編集」ボタンをクリックします。
キャプチャ10

JAVA_HOMEが存在していない場合は、「新規」ボタンをクリックしてください。
キャプチャ10-2

表示された画面で、以下のように値を設定し、「OK」ボタンをクリックしてください。
変数名:JAVA_HOME
変数値:C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_05
キャプチャ11

環境変数の設定変更確認

Pathの確認

PathにJDK8のインストールパスのbinフォルダを追加しましたので
java -versionで正しく設定されているか確認してみます。

コマンドプロンプトからjava -versionを実行した結果は以下のようになりました。
ちゃんとJava8のjava.exeが実行されていますね。
キャプチャ12

JAVA_HOMEの確認

JAVA_HOMEも同様に確認してみます。

結果は以下のようになりました。
うまく設定できています。
キャプチャ13


スポンサードリンク



関連記事

Java8のラムダ式とStream APIを利用してコーディング量の削減サンプル集

Java8になりラムダ式と「Stream API」が利用できるようになりました。 C#では一足早く

記事を読む

JUnit入門その5[DBUnitの概要説明]

前回エントリーでは「JUnit入門その4」と題してDBUnitをEclipseで動作させるための環境

記事を読む

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の増加が見込まれます。 とは言

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[4:クラスに関する基礎知識(修飾子とクラスとインスタンスと変数)]

前回は、Javaの基本であるクラスの基本的な知識をざっくりと説明させていただいたあと、 packa

記事を読む

JUnit入門その6[Eclipse4.4のJUnitプラグインとDBUnitの併用(便利に利用するためのユーティリティの作成)]

JUnit入門その4 でDBUnitの環境構築を説明させていただきました。 今回は、前提値デ

記事を読む

Java8の新機能に完全対応のEclipseメジャーリリースとなる Eclipse 4.4 Luna (ルナ) が遂にリリース

Eclipse メジャーリリースとなる Eclipse 4.4 Luna (ルナ) が遂にリリースさ

記事を読む

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にSelenium3が利用されてい

記事を読む

Javaによる非同期処理入門その1[非同期処理の実装方法の概説]

Javaによる非同期処理に関するエントリーを前々から作成したいと思っていたのですが、ついに作成してみ

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[1:Eclipse環境の作成とEclipseの使い方の説明]

「JDT betaを利用してJDK8(java 8)対応のEclipse開発環境を作成する」では、最

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[3:クラスに関する基礎知識(クラスとインスタンスとパッケージ)]

Javaといえば、「オブジェクト指向」とのイメージがとっても強いですよね。 そう、そうです。間違い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[AbstractRoutingDataSourceで複数DBへの接続とトランザクション制御]

今回はSpring MVCから複数データベースに接続とトランザクション

Eclipse Oxygen Update 1 (4.7.1)を利用してJUnit5の公式ガイドの内容を実践してみる。

いよいよJUnit5が本格的に利用できる環境が整ってきました。

Spring5入門[簡単なWebアプリのユニットテストをJUnit5とJMockitで作成]

Spring5入門ではJUnit4とmockitを利用したSpring

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

→もっと見る

PAGE TOP ↑