*

Java8のラムダ式とStream APIを利用してコーディング量の削減サンプル集

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 Java , ,


スポンサードリンク



Java8になりラムダ式と「Stream API」が利用できるようになりました。
C#では一足早くラムダ式が導入されており、Javaでも早く利用したいと考えていたので、この新機能はとても嬉しかったです。
(ってもう結構時間経ってますが・・・)

Java8ではラムダ式だけでなく「Stream API」も利用できるので、この点ではC#を抜きかえしました。
(そんなことはどうでもいいですよね・・・)

とは言え、「さあラムダ式書こう!」と思ってもなかなか思い出せないんですよね・・・
集中的にコーディングしている時はサクサク出てくるのですが、ちょっと使ってないと、あれどうやって書くんだっけ?みたいな。

と言う事で、本エントリーでは、機能的な説明ではなく、実際のコーディングでよく利用するラムダ式と「Stream API」のサンプル集となります。


本エントリーの内容は以下の通りです。

  1. Listのソート処理
  2. 重複のないListの取得
  3. Listの要素の除去

 

前準備

説明で利用するテストクラス

実際の動作が意識しやすいようにJUnitのテストケースとして
サンプル実装と、期待する動作を検証する形のコードとなります。

以下がクラスの定義となります。

説明で利用するテストデータクラス

Listの要素に利用するテストデータクラスPersonは以下の通りです。

以降では、上記クラスにテストケースを追加して行きますので、追加したテストケースのみを記載させていただきます。

Listのソート処理

文字列のソート処理

Listを対象としたソート処理となります。

昇順の例

まずは昇順の例です。実際のソート処理は6行目です。文字列のcompareToの値によってソート順を判断しています。

降順の例

次に降順の例です。ソートに利用するラムダ式の値に-1をかけている点がポイントです。
ラムダ式の値に-1をかけることによって文字列のソートの判断ロジックが反転しています。

後は、テストデータと期待値が異なるだけです。

Personのソート処理

Listを対象としたソート処理となります。

年齢の昇順の例

年齢の昇順の例なのですが、まずテストメソッドの実装前にテストで利用するPersonを宣言しておきます。
このインスタンスを利用してソート対象のリストや期待値のリストを作成するためです。

ポイントは11行目です。PersonのgetAgeの大きい方が先にソートされるようになっています。

年齢の降順の例

こちらもポイントは11行目です。年齢の昇順の例との違いはpserson1のageからpserson2のageを引いた値をソート順の判定基準としていることです。
このようにpserson1とpserson2の順番を入れ替えることによって昇順と降順を反転できます。
ソート対象のデータと期待値が異なる

前の方でも記載させていただきましたが11行目は以下のように記載してもOKです。

年齢と名前の昇順の例

SQLではよくありますよねOrder Byに複数の条件を指定する時、そんな例となります。

Streamが遂に登場です。8行目ですね。
Personのageとnameで昇順ソートしています。

Personクラスはjava.lang.Comparableを実装し、compareToメソッドを実装していますので
8行目は

に書き換えることができます。

デフォルトのソートロジックが存在して、そのロジックを頻繁に利用する場合はcompareToメソッドを実装し、それを利用するとDRYなコードになりますのでオススメです。

年齢と名前の降順の例

Comparator.comparing(Person::getName)

Comparator.comparing(Person::getName)
に.reversed()を付与して結果を反転させています。

年齢と名前の昇順の例と同様に8行目は

に書き換えることができます。

重複のないListの取得

Listを対象とした処理

Streamのdistinctで実現できます。

Listの要素の除去

要素の除去と記載していますが、条件に合致した要素の取得も同じ考え方です。

Listを対象とした処理

“A”から始まらない文字列のリストを取得する例となります。

Listを対象とした処理

namaの長さが5以下でageが10以下のリストを取得する例となります。


スポンサードリンク



関連記事

Eclipse4.4(Java)におけるビルド・パス関係の設定方法[JRAおよびクラス・フォルダー/ライブラリー]

Eclipse4.4(Java)におけるビルド関係のビルド・パス上の「JRAおよびクラス・フォルダー

記事を読む

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の増加が見込まれます。 とは言

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[4:クラスに関する基礎知識(修飾子とクラスとインスタンスと変数)]

前回は、Javaの基本であるクラスの基本的な知識をざっくりと説明させていただいたあと、 packa

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[1:Eclipse環境の作成とEclipseの使い方の説明]

「JDT betaを利用してJDK8(java 8)対応のEclipse開発環境を作成する」では、最

記事を読む

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりもう半年以上が経過しました。

記事を読む

Eclipse(4.3,4.4)の使い方[各画面エリアの名称とパースペクティブのビューのカスタマイズ]

本エントリーでは、Eclipse(Eclipse4.3,4.4)の各画面エリアの名称の説明と、ビュー

記事を読む

JDK8(java 8)の新機能のラムダ式の利用方法[その1:概要]

「JDT betaを利用してJDK8対応のEclipse開発環境を作成する」では、「Eclipse」

記事を読む

JDK8(Java8)のインストール方法[Windows]

本エントリーは、Windows7 64bitにJDK8(Java8)をインストールする説明を記載させ

記事を読む

Eclipse(4.3,4.4)のJava言語のリファクタリング機能の使い方[リファクタリングの説明と「名前変更」と「移動」]

本エントリーでは、Eclipse(4.3,4.4)の「リファクタリング」機能の使い方を説明させていた

記事を読む

Selenium入門その5[ページオブジェクトパターン(Page Object Design Pattern)を利用して変更に強いテストを作成する方法]

Selenium入門その2 では「UIマップファイル」と言う仕組みが存在していることに言及させてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[簡単なWebアプリのユニットテストをJUnit5とJMockitで作成]

Spring5入門ではJUnit4とmockitを利用したSpring

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にS

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑