*

Eclipse4.3のチュートリアル機能で”Hello World”アプリケーションの作成方法を説明する。

公開日: : 最終更新日:2015/05/03 Eclipse, Java


スポンサードリンク



Eclipseのインストールが終了したので、各画面エリアの名称の説明、各画面エリアの使い方の説明を
と思ったのですが、まずはざっくりとEclipseってどんな感じで使うのかを見ていただく方が
良いと考えました。

内容はやはり”Hello World!”でしょう!、好都合にもEclipseのチュートリアルにあるんですよ”Hello World!”

と言う事で、本エントリーでは、Eclipseのチュートリアル機能を利用して、簡単なプログラムを作成する手順を説明させていただきます。

利用している環境はWindows7 64bit、Eclipse4.3です。

EclipseのインストールでインストールしたEclipseを起動すると、
ワークスペースの選択画面が表示されると思いますが、何も変更せずに「OK」ボタンをクリックしてください。

Eclipseの使い方をマスターするためなので、ワークスペースはデフォルトで問題ありません。

Eclipseのチュートリアルで”Hello,World!”アプリケーションを作成

インストール直後にEclipseを起動すると以下の画面が表示されます。

02チュートリアルHelloWorld

普段は、「×」ボタンを押して「ようこそ」画面を閉じるのですが、今回はここに表示されているチュートリアルを利用します。

02チュートリアルHelloWorld

「ようこそ」画面を再度表示したい場合は、[ヘルプ]>[ようこそ]で「ようこそ」画面が表示可能です。

チュートリアルの開始リンクのクリック

以下の画像の赤枠部分の「Hello Worldアプリケーションの作成」をクリックしてチュートリアルを開始します。

02チュートリアルHelloWorld

チュートリアル画面の説明

チュートリアルが開始され、画面は以下のようになるはずです。

画面右側の赤枠部分にチュートリアルが表示されています。

03チュートリアルHelloWorld

チュートリアルは、終了した作業項目にチェックが付きます

03チュートリアルHelloWorld

現在の作業項目の説明が表示されます。(それ以外の作業項目は閉じられている状態となります。)

03チュートリアルHelloWorld

その説明の最後には、「▶︎クリックして実行」と「完了時にクリック」が存在しています。

03チュートリアルHelloWorld

「▶︎クリックして実行」

「▶︎クリックして実行」をクリックすると、現在の作業項目をチュートリアルが代行して実施してくれますが、
なんのためのチュートリアルか分からなくなるので、できるかぎりクリックしないようにしてください。

「完了時にクリック」

現在の作業項目を実施した後にクリックしてください。次の作業項目に進みます。

チュートリアルの開始

実際のチュートリアルの作業を行っていきます。

導入

導入は終わった状態で始まります。

Open The Java perspective

03チュートリアルHelloWorld

上記画面ではすでに、Java perspectiveが表示されていて問題ないのですが、Java perspectiveが表示されていない場合は、
メニューの[ウインドウ]>[パースペクティブを開く]>[Java]をクリックしてください。

との説明文です。

注意:[ウインドウ]>パースペクティブを開く]>[Java参照]は選択しないでください。

問題なければ「完了時にクリック」リンクをクリックします。

Javaプロジェクトの作成

04チュートリアルHelloWorld

クラスを作成する前にJavaプロジェクトを作成する操作の説明です。
メイン・ツールバーのJavaプロジェクト作成ボタンをクリックしプロジェクトの作成画面を表示します。

メイン・ツールバーのJavaプロジェクト作成ボタンは上記画面の左上の赤枠部分です。

ここをクリックすると以下のようなメニューが表示されますので、「Javaプロジェクト」をクリックします。05チュートリアルHelloWorld

すると、以下の画面が表示されますので、チュートリアルの説明通りに、プロジェクト名にHelloWorldと入力して「完了」ボタンをクリックします。

06チュートリアルHelloWorld

HelloWorldプロジェクトが作成されましたので、「完了時にクリック」リンクをクリックします。

07チュートリアルHelloWorld

Create HelloWorld class

08チュートリアルHelloWorld

チュートリアルの通り、メイン・ツールバーの新規クラス作成をクリックして、クラスの作成画面を呼び出します。

09チュートリアルHelloWorld

チュートリアルの通り、クラス名にHelloWorld、mainメソッドの作成チェックボックスをチェックし、
「完了」ボタンをクリックします。

10チュートリアルHelloWorld

少し切れてしまっていますが、HelloWorld.javaが追加されましたので「完了時にクリック」リンクをクリックします。

11チュートリアルHelloWorld

Add a print statement

12チュートリアルHelloWorld

チュートリアルには、mainメソッドに以下のステートメントの追加を行い、セーブすると自動的にコンパイルが行われる。

と書かれています。

ステートメントを追加してセーブしました。

13チュートリアルHelloWorld

この手順は完了したので「完了時にクリック」リンクをクリックします。

14チュートリアルHelloWorld

Run your Java application

18チュートリアルHelloWorld

チュートリアルによると、パッケージエクスプローラのHelloWorld.javaを選択し、マウスの右クリックメニューを表示し、
[実行]>[Java Application]をクリックし、作成したアプリケーションを実行します。
実行後に、コンソールに”Hello, world!”が表示されると、アプリケーションの作成は成功です。

だそうです。

実際に実行してみます。パッケージエクスプローラのHelloWorld.javaを選択します。

18チュートリアルHelloWorld

右クリックメニューを表示し、[実行]>[Java Application]をクリックします。

16チュートリアルHelloWorld

実行後の画面は以下のようになりました。成功ですね。
17チュートリアルHelloWorld

「完了時にクリック」リンクをクリックし、「ようこそ」画面に戻ります。

18チュートリアルHelloWorld

「Eclipse4.3のチュートリアル機能で”Hello World”アプリケーションの作成方法を説明する。」は以上です。


スポンサードリンク



関連記事

Eclipseの使い方(Eclipse4.4のブックマーク機能とタスク機能)

今回は、Eclipseのブックマーク機能とタスク機能の説明をさせていただきます。 両機能とも効率的

記事を読む

java8(JDK8)の新機能[大幅に強化されたコレクションAPI:java.util.List] をeclipseとJUnitで確認する。

Java8(JDK8)では、ラムダ式の導入を前提とした、コレクションAPIの新機能が追加されました。

記事を読む

Eclipseの「JSDT-jQuery」プラグインでJQuery(JavaScript)のコード補完が可能な環境を作成する

Eclipse for JavaEE Developer等のWeb開発系のEclipseがインストー

記事を読む

Eclipse(4.3)の使い方[パースペクティブのツールバーのカスタマイズ(「ツール・バー可視性」と「メニュー可視性」タブ)]

前回エントリー「Eclipse(4.3)の使い方[各画面エリアの名称とパースペクティブのカスタマイズ

記事を読む

お勧め本紹介[新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)]

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series

記事を読む

Eclipse(4.4)でJava言語のリファクタリング機能の使い方[「メソッド・シグニチャーの変更」と基本的な抽出処理、及び「インライン化」、「定数の抽出」]

本エントリーでは、Eclipse(4.3)でJava言語のリファクタリング機能の使い方に引き続き

記事を読む

JUnit入門その5[DBUnitの概要説明]

前回エントリーでは「JUnit入門その4」と題してDBUnitをEclipseで動作させるための環境

記事を読む

Eclipse Oxygen Update 1 (4.7.1)を利用してJUnit5の公式ガイドの内容を実践してみる。

いよいよJUnit5が本格的に利用できる環境が整ってきました。 本エントリーでは「Eclips

記事を読む

Spring5入門[AbstractRoutingDataSourceで複数DBへの接続とトランザクション制御]

今回はSpring MVCから複数データベースに接続とトランザクション制御の内容を記載させていただき

記事を読む

JUnit入門その9[@RunWithアノテーションを利用したテストの作成]

今回は@RunWithアノテーションを利用したテストの作成方法を説明させていただきます。 JU

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[AbstractRoutingDataSourceで複数DBへの接続とトランザクション制御]

今回はSpring MVCから複数データベースに接続とトランザクション

Eclipse Oxygen Update 1 (4.7.1)を利用してJUnit5の公式ガイドの内容を実践してみる。

いよいよJUnit5が本格的に利用できる環境が整ってきました。

Spring5入門[簡単なWebアプリのユニットテストをJUnit5とJMockitで作成]

Spring5入門ではJUnit4とmockitを利用したSpring

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

→もっと見る

PAGE TOP ↑