*

JUnit入門その5[DBUnitの概要説明]

公開日: : 最終更新日:2016/12/05 DBUnit, Eclipse, Java, JUnit ,


スポンサードリンク



前回エントリーでは「JUnit入門その4[Eclipse4.4のJUnitプラグインとDBUnitの併用(環境構築と基本)]」と題してDBUnitをEclipseで動作させるための環境構築の説明をさせていただきました。

順番が逆になってしまったのですが、本エントリーでは、DBUnitの概要説明をさせていただきます。

本エントリーの内容は以下の通りです。

  1. DBUnitとは
  2. DBUniを利用したユニットテストの概要


1 DBUnitとは

DBUnitの概説

JavaでDB関連のコードのユニットテストを行うためのライブラリです。

一般的にはJUnitと併用することが多いと言え、JUnitとの親和性が高いです。
DBUnitでは、JUnitの4系から導入されたアノテーション(@Before、@After等)を利用することを前提としていますので、違和感なくJUnitとDBUnitを併用したテストケースが実装可能です。

DBUnitで提供されている機能

前提値データをDBにセットアップ可能

XMLやExcelファイルで作成された前提データをDBにセットすることが可能です。
前提値データ(Excelファイル)の作成例は後述させていただきます。

DBUnitがデータをセットアップする時に、DBに登録されているデータと前提値データをどう扱うかは以下のオプションで指定可能です。

オプション 説明
DatabaseOperation.DELETE/td> 前提値データで指定されているテーブルから、前提データで指定されている行を削除する。
DatabaseOperation.DELETE_ALL 前提値データで指定されているテーブルに登録されているデータを全て削除する。
DatabaseOperation.CLEAN_INSERT DatabaseOperation.DELETE_ALL実施後に、前提値データをインサートする。
DatabaseOperation.INSERT 前提値データをインサートする。一意制約違反となるデータが既に登録されている場合は例外が発生する。
DatabaseOperation.UPDATE 前提値データでアップデートする。前提データのキーに対応するデータが登録されていない場合は例外が発生する。
DatabaseOperation.REFRESH 前提値データでアップデートorインサートする。

テスト対象の処理実行後のDBの値を検証可能

期待値データ(前提値データと同じ形式のファイル)を作成し、DBUnitの機能を利用することで、DBに格納されているデータと期待値データが同じであるかを検証します。

値が異なっていればテスト失敗となります。

なお、期待値データに記載されているテーブルとカラムとそれに対応する値のみが検証の対象となります。
検証を行いたくないカラムは期待値データに記載しなればOKです。

少し応用的な使い方をすれば、期待値データに存在するカラムのデータを検証から除外する事も可能となっています。

前提値データの作成例

前提値と書いてありますが、期待値データの作成方法も全く同じです。

例として「USERTBL」、「DEPARTMENTTBL」の2テーブルのデータを含む前提値データを例として説明させていただきます。

Excel、Excelと言っていますが、xls形式であればOpen Officeで作成したファイルでも利用可能となっており、スクリーンショットはOpen Officeで取得した物となっています。

スクリーンショット 2015-03-27 16.11.21

上記の画像の通り、シート名にテーブル名を指定します。
「USERTBL」、「DEPARTMENTTBL」の2テーブルの前提値データですので対応するシートが存在しています。

各シート内で、対応するテーブルのカラムとデータを指定します。
スクリーンショット 2015-03-27 16.13.21

同じように「DEPARTMENTTBL」シートでも対応するテーブルのカラムとデータを指定します。
スクリーンショット 2015-03-27 19.43.51

テーブルのカラムは全て記載する必要はございません。DBにインサート文を発効できる情報さえあればOKとなります。
Not Null制約が付与されたカラム等は、カラムと対応する値を指定する必要があります。

DBUnitが処理するシートの順番は、左から右となりますので、DBで参照整合性を利用している場合はシートの順番を適正にする必要があります。

2 DBUniを利用したユニットテストの概要

DBUniの概要は前述の通りですが、文字だけでは分かりにくいと思いますので、図を利用してテストの流れを説明させていただきます。

検索系の処理のテストの流れ

前提値データを用意し、DBUnitを利用してDBに値をセットアップ後、テスト対象のDBアクセスロジックを利用して検索を実施、JUnitのAssertを利用して検索結果を検証する。との流れになります。

検証時の期待値は、前提値データから明白ですので、値をリテラルで記述します。
スクリーンショット 2015-03-27 20.16.32

更新系の処理のテストの流れ

前提値データを用意し、DBUnitを利用してDBに値をセットアップ後、テスト対象のDBアクセスロジックを利用してDBの更新を実施、DBUnitの検証機能を利用して、DBの値と期待値データが一致するかとの検証を行う。との流れになります。

スクリーンショット 2015-03-27 21.13.41

JUnit入門その5[DBUnitの概要説明]は以上です。

JUnit入門その6[Eclipse4.4のJUnitプラグインとDBUnitの併用(便利に利用するためのユーティリティの作成)]に続く


スポンサードリンク



関連記事

Mac(OS X)におけるJava8(jdk8)等のインストール、アップデート、アンインストール方法

Windowsとは異なりMac(OS X)ではJDKの管理(インストール、アンインストール)が難しい

記事を読む

Eclipseの使い方(Eclipse4.4のブックマーク機能とタスク機能)

今回は、Eclipseのブックマーク機能とタスク機能の説明をさせていただきます。 両機能とも効率的

記事を読む

Eclipse4.3のチュートリアル機能で”Hello World”アプリケーションの作成方法を説明する。

Eclipseのインストールが終了したので、各画面エリアの名称の説明、各画面エリアの使い方の説明を

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[5:クラスに関する基礎知識(メソッドをJUnitを使って説明)]

クラスに関する基礎知識シリーズも、いよいよメソッドを残すのみとなりました。 前回までは、Eclip

記事を読む

Eclipseの使い方(Windows環境のEclipse4.3、Eclipse4.4)

Eclipse4.4.0よりJDK8を正式サポートするそうです。 Eclipseトップレベルプ

記事を読む

Java超入門 with Eclipse[1:Eclipse環境の作成とEclipseの使い方の説明]

「JDT betaを利用してJDK8(java 8)対応のEclipse開発環境を作成する」では、最

記事を読む

Eclipseの「DBViewer」プラグインの使い方[後編]

Eclipseの「DBViewer」プラグインの使い方 では、「DBViewer」プラグインの基本

記事を読む

JUnit入門その2[Eclipse4.4のJUnitプラグインのassertThatの使い方]

JUnit入門その1ではEclipseのJUnitプラグインの基本的な使い方を説明させていただきまし

記事を読む

お勧め本紹介[新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する― (OBJECT TECHNOLOGY SERIES)]

リファクタリング―プログラムの体質改善テクニック (Object Technology Series

記事を読む

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にSelenium3が利用されてい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)で簡単なWebアプリの典型的なユニットテストの実現方法]

前回は「Spring入門」で、Spring MVCを利用した簡単なWe

Spring5入門[STS(Spring Tool Suite)の環境作成と簡単なWebアプリの作成]

Struts1ももう過去の遺物になり、SAStrutsもEOLとなりも

Selenium入門その6[Selenium3でWebDriver(Java/Junit4)の環境を作成しEdge,Chrome,Firefoxで確認してみる]

Selenium3も3.0.1がリリースされましたし、今後は本格的にS

Selenium利用時のトラブルシューティング方法[クリック編]

Seleniumは便利なテスト自動化ツールですし、今後は更なる利用者の

Java8のラムダ式とStream APIを利用してコーディング量の削減サンプル集

Java8になりラムダ式と「Stream API」が利用できるようにな

→もっと見る

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE
PAGE TOP ↑